絵画ギャラリー

2019.12.04更新

林クリニックギャラリーへようこそ。

今月のギャラリーは、坂本敏恵さんの『Spain Tile(スペインタイル)』展です。展示にあたり、坂本さんからコメントを寄せていただきました。「スペインタイルはカラフルな色が美しいタイルです。技法は、素焼きタイルに図案を鉛筆またはオイル筆でかきます。それに沿って水で溶いた粉釉薬をスポイドでのせるクエルダセカタイル。また、素焼きタイルに白釉薬をかけて、乾いてから色顔料で絵付けをするマジョリカタイルがあります。どちらも乾いてから窯に入れ1000度で焼きます。私の持っている窯は直径60センチ高さ70センチの小型ですが、一度に12、3枚焼きます。窯に入れてから出すまで24時間。どんな色に仕上がっているか分からないので、毎回祈るような気持ちで窯を開けています。今回の展示は、ウィリアムモリス、アンディ・ウォーホル、メキシコのオトミ刺繍から作品にしたものです。」透明感のある鮮やかな色彩とセンスあふれる構図は、この季節にぴったりでとても素敵です。皆さんぜひご覧ください。(森)

タイル

タイル

タイル

タイル

タイル

タイル

尚、林クリニックギャラリーは診療時間内に自由にご覧いただけます。ギャラリー専用出入り口もございますので、診療される以外の方もどうぞ気軽に足を運びください。

 

投稿者: 医療法人林クリニック

side_banner.png