各種検査、予防接種

当クリニックが実施している心臓血管系の主な検査

心電図検査

心臓のポンプ作用により、全身に血液が送り出される時に発生する微弱な活動電流を、体表に付けた電極により波形として記録する検査です。脈の異常、虚血性心疾患、心臓肥大などを確認することができます。

胸部X線検査(レントゲン)

胸部X線検査は、胸の部分にX線を照射して行う検査で、主に胸部分の病気を調べるために行われるレントゲン検査です。心臓の大きさや肺への負担などを確認し、心不全の状況を確認致します。

負荷心電図

運動により心臓に一定の負荷をかけつつ、あるいはその直後に心臓の筋肉の変化を観察する検査です。主に、通常の心電図検査で異常がみられた時や、運動中に胸痛、不整脈などの症状がある時などに行われます。

ホルタ―心電図検査

24時間、日常生活における心電図を記録し観察する検査です。胸部に数ヶ所電極を貼り、心電図を記録するための装置を身に付け、そのままご帰宅頂き、日常生活を送って頂きます。狭心症の有無、不整脈の種類や程度などを確認致します。

エコー検査

心臓に超音波を当てることで、心臓や血管を画像にして映し出す検査です。虚血性心疾患、弁膜症、心臓肥大などの疾患や心臓機能を確認致します。

ドップラー心エコー検査

エコー検査の一種で、心臓に超音波を当てることで、心臓や弁、血管などの動きを確認することができます。心臓の機能や形態の変化、弁の状態、血液の流れの異常などの情報を得ることで、心疾患、血液疾患などを正確に診断します。

頸動脈エコー

頸動脈の動脈硬化を観察する検査です。頸動脈は脳や心臓の動脈と並行して動脈硬化が起こりやすいので、この検査を実施することで脳梗塞や心筋梗塞のリスクを早期に診断することが可能です。

ポリグラフ検査

動脈硬化の進行具合や、血管の最小化の有無を確認することで、いわゆる「血管年齢」を検査します。心筋梗塞や脳卒中、下肢動脈の閉塞や狭窄などの早期発見、予防に効果的です。

血圧検査

血圧とは、心臓のポンプ作用により、全身に血液が送り出される時に血管に与える圧力のことです。血圧が高いと動脈硬化に伴う脳卒中や心臓病などのリスクが高まりますので、血圧検査はこれらの病気を予防するためにも重要な指針となります。

超音波で血流の状態をカラー表示できます

当クリニックでは、最先端技術のカラー超音波診断装置を設置しております。この検査では、超音波で体内の色々な臓器の形態診断や、血流の流れる方向・量を測定し、その情報をカラーでブラウン管に表示することができます。
特に心臓弁膜症、心不全、心筋梗塞などの循環器系疾患の心機能評価、頸動脈の形態および血流波形から動脈硬化の診断、胆石、腎結石、肝がん、膵炎などの腹部消化器系疾患などを速やかに診断します。患者様の苦痛もなく、非侵襲性的な検査で、短時間でリラックスしながら安心して受けて頂けます。検査を希望される方は、お気軽にお申し出ください。

当クリニックが実施している主ながん検査

腹部エコー検査

腹部に超音波を当てることで、胃や腸、肝臓、胆嚢、腎臓などの各臓器の様子を調べることができる検査です。また、胆嚢ポリープ、胆石、腎結石、尿管・膀胱結石、前立腺肥大、卵巣のう腫、子宮筋腫など、形・大きさ・血流についても調べることができます。腹部エコー検査で発見される「がん」には、肝臓がん、胆のうがん、膵臓がん、腎臓がんなどがあります。これらは、エコー検査だけですぐに確定されるものではありませんが、早期発見には高い確率で有効です。またお体への負担もなく患者様の苦痛もなく、短い時間でリラックスしながら安心してお受け頂けます。

胸部X線検査(レントゲン)

胸部X線検査は、胸の部分にX線を照射して行う検査で、主に胸部分の病気を調べるために行われるレントゲン検査です。主に気管・肺などの呼吸器、心臓などの循環器に病気があるかどうかを検査するために行われ、肺がんの検査にも役立ちます。

便検査

便の中に血液が混じっていないか「便潜血反応」を調べる検査です。便検査で調べられる病気は胃がん、大腸がん、直腸のポリープなどの消化器疾患で、簡単で費用も安く、大腸がん検診に一般的に用いられています。がんの表面は出血しやすく、便が大腸を通過するときに血が混じることが多いため、がんの早期発見に繋げることが可能です。ただし、痔からの出血など、がんではなくても陽性結果が出る事もあり、病気を確定するためには胃カメラ検査などの精密検査が必要となります。

 

 

 

 

 

お体のことで不安やお悩みをお持ちの方は、一度、当クリニックで検査を受けられてみてはいかがでしょうか。当クリニックでは、がんの早期発見・早期治療に力を入れております。検査にて精密検査が必要となった場合には、連携する病院をご紹介させていただく体制を整えております。

当クリニックが実施している主な予防接種

当クリニックでは、インフルエンザなどの季節の病気に対する予防接種や、お子様の予防接種を実施しております。また、お子様が生まれてからどの順番で予防接種を受けさせればいいのか、予防接種のスケジュールについても詳しくご説明させて頂きます。

成人の予防接種

予防接種の種類 対象月齢・年齢
インフルエンザ 年齢問わず(生後12ヶ月未満は除く)
成人用肺炎球菌 65歳以上 *詳しくはお問合せ下さい。

お子様の予防接種

予防接種の種類 対象月齢・年齢
Hib(ヒブワクチン) 生後2ヶ月~5ヶ月未満のお子様
小児肺炎球菌 生後2ヶ月~5ヶ月未満のお子様
BCG(結核菌) 生後3ヶ月~12ヶ月未満のお子様
4種混合 (ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ) 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満のお子様
麻しん・風疹混合(MR) 第1期 生後12ヶ月~24ヶ月未満のお子様
麻しん・風疹混合(MR) 第2期 5歳以上7歳未満で、次年度に小学校に入学するお子様
水痘(みずぼうそう) 第1期 生後12ヶ月~15ヶ月未満のお子様
水痘(みずぼうそう) 第2期 1回目の接種終了から3ヶ月以上経過してから
ジフテリア・破傷風混合(DT) 11歳以上13歳未満のお子様
日本脳炎 第1期 生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満のお子様
日本脳炎 第2期 9歳~13歳未満のお子様
ロタウィルス 生後2ヶ月~6ヶ月のお子様
B型肝炎ウィルス 生後2ヶ月~
side_banner.png